【論理パズル】ドラクエ6に出てきた謎解き問題に挑戦する!

dragon 論理パズル

皆さまこんにちは!

世間は今、ドラゴンクエストの映画「ドラゴンクエスト ユア ストーリー」が公開され、ドラクエブームが来ていますね!私はまだ観ていませんが、お盆休みにでも見に行きたいと思っています!

さてそんな中、この謎解きブログも流行に乗っかって、ドラクエ6のゲーム内で実際に出題されている論理パズル問題を紹介しようと思っています。

ドラゴンクエストといえばコテコテのRPGゲームですが、ストーリーの中には結構謎解き要素も入っています。

そんな中でもこの記事で紹介する問題は、「コテコテの論理パズル」になっています。

実際にドラクエをプレイしている感覚で、問題を解いてみてください!

■問題

まずは問題です。

3つの扉の前に人が一人ずつ立っています。
一人は正直者、残り二人は嘘をついています。
正解の扉は一つの時、どの扉が正解の扉かを当ててください。

●左の男の人
「やあ、いらっしゃい
でも、この先には何もありませんよ。
一番右の扉が正しい扉です。」

●真ん中の老人
「若者よ、年寄りの言う事はよおくお聞きなされよ。
この先にいってはならん!ケガをするだけじゃぞ。」

●右の女の人
「あなたらなきっと綿のこと信じてくれますわね。
一番左の人だけが正しい事を言っています。
どうかお気をつけて…」

本問題は、上記でも記載がある様に、名作「ドラゴンクエスト6」の試練の塔というダンジョン(?)で実際に出されている問題です。

この塔でハッサンと運命的な出会いを果たすんですよねぇ~。

★ この下からヒントや解答を記載しています。
もし自力で解かれたい方はこの下は見ないようにしてください。

■ヒント

本問題はまず誰が正直者かを探すことから始めます。

「もし●●さんが正直者だったら」という仮定を立てて解いていくと、その人が正直者出ない場合はどこかでほころびが出てきますので、やってみてください。

正直者と嘘つきが分かれば後は簡単です。話している内容をもとに正解の扉を導いてください!

■論理パズルを解いていく

さて、それではこの問題を解いていきましょう。

とっかかりとして、誰が正しい事を言っているのかを導くことが正解へ近そうです。

という事で手順としては

①正直者と嘘つきを暴く
②内容を整理し、正解の扉を導く

で解いていきたいと思います。

①正直者と嘘つきを暴く

この時、右の女の人の発言に注目します。

「一番左の人だけが正しい事を言っています。」

右の女の人が正直者だと仮定するならば、上の発言より左の人も正しい事を言っている=正直者となってしまい、正直者が二人出てしまい問題が成り立ちません。

同様に左の男の人が正直者だと仮定するならば、右の女の人も正直者となってしまい、成り立ちません。

よって、真ん中の老人が正直者、両脇の男女は嘘つきだと確定します。

左の男性:嘘つき
中の老人:正直者
右の女性:嘘つき

②内容を整理し、正解の扉を導く

真ん中の老人が正直者と分かりましたので、改めて其々のコメントを見ていきます。

まずは正直者の真ん中の老人の発言に注目します。

「この先に言ってはならん。ケガをするだけじゃぞ」

老人は正直者ですので、真ん中の扉は不正解の扉という事が分かります。

左の扉:?
中の扉:不正解
右の扉:?

次に左の男の人の発言を見てみます。

「この先には何もありませんよ。一番右の扉が正しい扉です。」

男の人は嘘つきですので、この発言を正しく直すと下の様になります。

「この先には何かあります。一番右の扉は不正解の扉です。」

「何かあります」という発言は少し曖昧ですが、正解の扉があるという認識で問題ありません。なぜなら、右の扉が不正解だという事もこの男の人が伝えてくれていることから、

左の扉:正解
中の扉:不正解
右の扉:不正解

だという事が分かります。

●まとめ

最後にまとめると、

★正直者
左の男性:嘘つき
中の老人:正直者
右の女性:嘘つき

★正解の扉
左の扉:正解
中の扉:不正解
右の扉:不正解

■感想

今回の問題はいかがでしたでしょうか?

小学生もプレイするドラクエで出されている問題だけあって、そんなに難しくない問題だったのではないでしょうか。

当時中学生か高校生くらいだった私(年齢がばれる…)も、ドラクエ6をプレイしてこの問題に出会いました。

この「試練の塔」って全体的に急がされるんですよね。「誰よりも早く塔の最上階に行け」と。

本当に時間が流れていて、最後にハッピーエンドとバッドエンドに分かれます(結局何事もなかったように物語は進みますが(笑))。

まぁ、実際はプレイ時間ではなく、間違った道を行かないと時間は経過しないわけなんですが、そんなことは知らない当時の私は、この問題に直面し必死で解いていた記憶があります。

さらに付け加えると、間違った扉を開ければ、きんのゆびわ(間違ってたらすいません)が手に入ったりするので、不正解の扉を開けて寄り道する方が、実はお得という仕様でした(笑)。

あー、ドラクエ6がやりたくなってきた。

また雑記にでも書こうかと思いますが、私ドラクエLOVEでして、ドラクエ6はその中でも鉱物でして、もう何度もプレイしてます。

ドランゴ最強説!

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました